いまとっても人気!アグネスのニキビ治療法って聞いたことある?

従来のニキビ治療とアグネスとの違いはニキビの再発をなくしてしまうこと。発生源である皮脂腺を除去してしまうので美肌の獲得は時間の問題に。

ニキビ痕になった状態でもアグネスのニキビ治療法は効くの?

アグネスのニキビ治療法を用いても治療が困難となる状態があります。

それは重症化してニキビ痕となってしまったもの。

早めの受診と治療を心がけましょう。

◎長期化・重症化しやすいニキビとメカニズム。

ニキビは毛穴に皮脂が詰まることによって起こります。

それを放置したりうまく皮脂が落とせなかったりしていると、そこにアクネ菌が増殖し、炎症を引き起こしてしまいます。

それがニキビ発生の簡単なメカニズムです。

とくにターンオーバーと呼ばれる肌の新陳代謝が停滞すると炎症が起きやすくなり、ニキビは長期化・重症化します。

▽気になる記事⇒エステティシャンが教える!しつこい大人ニキビの意外な原因3つ

◎治療がむずかしくなるニキビ痕までのプロセス。

アグネスのニキビ治療法は、黒ニキビ・白ニキビなどさまざまなニキビの改善に有効ですが、ニキビが長引いて“ニキビ痕”となってしまったものは、保険適用外となることもあり、治療は困難となります。

ニキビは段階によって治療法が異なります。

段階的に示すと、①毛穴周囲の角化異常、②.皮脂の貯留、③.アクネ菌などによる炎症、④ニキビ痕の形成、この4段階です。

①~③についての治療はアグネスでも適応できますが、ニキビ跡については対応できません。

◎ニキビの根本的な原因は皮脂の汚れであり、これに触れたり擦ったりすると拡散しやすくなります。

ニキビ痕になってしまうまでの過程に「ニキビの角栓現象」というのがあります。

毛穴周囲の角質が厚くなり毛穴が詰まることです。

また毛穴に詰まった皮脂が盛り上がって白っぽく見える状態にもなります。

この段階であればアグネスのニキビ治療法を用いて2回程度の通院で改善させることができます。

治療はできるだけ早い段階で踏み切りましょう。

Comments are currently closed.